スマホで印刷するには?その方法と各種サービス紹介

スマホを使って写真や書類を印刷する方法をお探しですか?今やスマホはパソコン並みの性能を備えており、写真や書類を取り扱うことも十分可能です。しかもスマホはカメラが内蔵されているので、写真をそのままスマホから直接印刷したいという場面も多いことと思います。

そこで、この記事ではスマホから直接印刷をする方法として自宅のプリンターを使う方法と、コンビニエンスストアに備え付けられているプリンターを使って外出時に印刷する方法を解説します。

また、外出時にプリンターを使う際のセキュリティ的に注意しておきたい点についても解説します。

スマホと印刷機はWi-Fi接続なので配線不要

スマホから印刷するとなるとUSBなどのケーブルでプリンターと接続して・・・という方法を想像する方もおられるかも知れませんが、スマホにはWi-Fi機能があるので、Wi-Fi接続可能なプリンターであれば直接Wi-Fi接続することで印刷が可能です。

つまり、配線は不要です。このこともスマホ印刷のメリットです。

外出先で急遽印刷したい時もOK
外出先で印刷していない書類があることに気づいても、スマホがあれば慌てる必要はありません。スマホからコンビニエンスストアのプリンターを使って書類を印刷することができるので、そんな「いざ」という時のためにもこの記事で解説する印刷方法を覚えておくと便利です。

外出先のスマホ印刷はセキュリティに注意が必要
自宅で印刷をする時であればそれほど気にしなくても良いですが、外出先でスマホ印刷をする際には情報漏洩に対する注意が必要です。
このことについては、記事の最後に注意事項として解説します。

スマホから自宅プリンターを使って印刷する方法
スマホと自宅にあるプリンターで印刷をする方法を解説します。基本的な仕組みと、主要メーカー別の印刷方法も解説します。

スマホ印刷に必要なもの
自宅でスマホ印刷をするために必要なのは、スマホ本体と家庭用プリンター、あとはそれぞれのプリンターメーカーが用意しているスマホ印刷用のアプリなどです。

スマホ印刷の方法 iPhone編
iPhoneには、AirPrintというスマホ印刷用の機能があります。方法はとても簡単で、iPhoneと印刷に使いたいプリンターが同じWi-Fiネットワークに接続されている状態で、印刷したい写真や書類を表示します。

そこで左下のアクションアイコンをタップ、「プリント」というプリンターのアイコンをタップします。

あとは印刷に使うプリンターを選択、枚数を指定するだけです。

Appleの公式サイトにも解説がありますので、そちらもご覧ください。

スマホ印刷の方法 Android編
iOSのAirPrintのような機能は、Androidにもあります。Androidではクラウドプリントという機能で同様にスマホ印刷ができます。

クラウドプリントという名称の通り、このサービスはクラウド経由で印刷したいデータを送り、クラウドプリントに登録されているプリンターから出力されるという仕組みになっています。

つまり、同一のWi-Fiネットワークに接続されている必要はなく、パソコン経由などでインターネットに接続できるプリンターがあればどこからでも印刷データを送ることができます。

事前準備として、最初にGoogleアカウントにログインしているChromeに「chrome://devices/」と入力をして「プリンタを追加」を選択、プリンターを追加しておきます。

Googleクラウドプリントに対応しているプリンターである必要があるので、お使いのプリンターが対応しているかどうかは、「クラウド対応プリンタ」のページで確認してください。

この設定を完了しておくと、あとはスマホ側で印刷をする時に追加しておいたプリンターが表示されるので、それを選択して印刷を開始するだけです。
Googleの公式サイトにも解説がありますので、そちらもご覧ください。

主要メーカー別 Androidスマホから印刷する方法
Androidスマホから主要なメーカーのプリンターを使って印刷をする方法をご紹介します。クラウドプリントに対応していない場合や、ちょっと難しいとお感じの方は、こちらからでもスマホ印刷が可能です。
エプソン
「Epson iPrint」というアプリをダウンロードして、そのアプリからエプソン社のプリンターを使って印刷ができます。

キヤノン
「Canon Print Service」という機能を使って、スマホアプリ経由での印刷が可能です。

ブラザー
ブラザー社の場合も、Android用アプリをダウンロードして、そのアプリ経由でスマホ印刷ができます。

スマホからコンビニエンスストアのプリンターを使って印刷する方法

スマホがあれば、最寄りのコンビニエンスストアのプリンターを使って印刷をすることもできます。ここでは大手コンビニエンスストアの印刷サービスをご紹介します。

スマホ印刷に必要なもの
コンビニエンスストアの印刷サービスを使うメリットは、スマホ以外の必要なものがすべてコンビニエンスストアに備わっていることです。必要なものは枚数に応じて発生する印刷料金だけです。

印刷料金は、おおむね白黒だと1枚あたり数十円です。

主要コンビニ別 スマホ印刷方法
主要なコンビニエンスストアで用意されている印刷サービスをご紹介します。

セブンイレブン(かんたんnetprint)
セブンイレブンには「netprint」と「かんたんnetprint」という印刷サービスがあります。「かんたんnetprint」は登録不要でとにかく手軽なので、とりあえず印刷したいという方はこちらが便利です。

「かんたんnetprint」のアプリをダウンロードして、そのアプリから印刷したいファイルをアップロード、その時にプリント予約番号が発行されるので、あとはセブンイレブンにあるプリンターにその番号を入力すると印刷が始まります。

ローソン、ファミリーマートなど(ネットワークプリント)
ローソンとファミリーマート、さらに北海道地区に多くの店舗があるセイコーマートでは共通の「ネットワークプリント」という印刷サービスを提供しています。

iOS、Androidそれぞれにアプリが用意されているので、そのアプリをインストールして、アプリ上に印刷したいファイルを登録しておいて、コンビニエンスストアからユーザー番号を入力すると登録済みのファイルが表示されます。あとはそれをタッチして印刷するだけです。

スマホ印刷で注意したいセキュリティ項目
最後に、スマホ印刷を利用するのにあたってセキュリティ面の注意事項を2つ解説します。

外出先で印刷したら置き忘れに注意
コンビニエンスストアなど、外出先で印刷をした場合は印刷物の置き忘れにご注意ください。よくコピー機に原本の置き忘れやプリンターに印刷ミスをしたものを置き忘れている光景を目にしますが、仮にそれが機密書類などであれば非常に困ることになります。

外出先のプリンターで個人情報を印刷する安全性について
外出先のプリンターを利用する際、プリンターに一時的に印刷データを置くことになります。この安全性はどうなのかと懸念をお持ちの方もおられると思いますが、サービスを提供している各社はデータを消去してセキュリティに配慮しているとアナウンスをしているので、ひとまず安心して良いと思います。

それでもやはり気になるという場合は、機密性の高い書類などは外出先で印刷しないようするのが最も確実です。

まとめ
スマホがあれば印刷も簡単にできるということをお伝えするために、主要なサービスや方法をご紹介してきました。どれも便利な機能や仕組みなので、覚えておいて損はないでしょう。

 

Googleからのウイルス警告への対処法と今後の対策

パソコンやスマホなどを使用していて、突然Googleからウイルスの警告が表示されてお困りではありませんか?Googleのロゴマークも入っているので、どうやらGoogleがウイルスか何かセキュリティ上の問題を検知してそれを警告として発しているようにも見えます。

画面をよく見ると、問題を解決する方法としてボタンをクリック(タップ)するように指示しているので、今すぐ解決を・・・とお思いの方は、ちょっと待ってください。

結論から先に申し上げますと、その「Googleからのウイルス警告」は偽物です。なぜそう言い切れるかは後述していきますが、偽のウイルス警告画面の指示に従ってしまうと、その罠を仕掛けた者の思うつぼになってしまいます。

では、どうするのが良いのか?今すぐ取るべき対処と、今後同様の被害に遭わないための対策を解説していきます。

Googleからのウイルス警告画面が表示される理由と目的
Googleの名前を使うばかりか、さまざまな演出を凝らしてユーザーを不安にさせようとするフェイクアラートですが、これを仕掛ける者にはどんな目的や利益があるのでしょうか。

詐欺目的の広告
Googleの名前を勝手に使ってまでユーザーを騙そうとする目的の大半は、詐欺広告です。アフィリエイトといって広告主に代わって集客するネットビジネスがありますが、フェイクアラートの多くはアフィリエイト広告の一環として悪用されているのが実情です。

アフィリエイターとして登録をした者がフェイクアラートを仕掛け、不安を煽られたユーザーが該当のアプリをインストールすることでフェイクアラートを仕掛けた者に報酬が入るという仕組みです。

紹介されるアプリは必ずしも悪質ではなく役に立つものもありますし、企業に代わってアプリ販売を行うアフィリエイト自体に問題はないのですが、このように不安を煽る手口で報酬を稼ごうとするところに問題があります。

このような行為はユーザーに不本意にお金を支払わせるばかりか、本来役に立つはずのアプリの評判を著しく低下させることになります。

不正アプリをインストールさせようとする可能性も
アフィリエイト広告の一環でフェイクアラートを仕掛けている場合は、間違って対象のアプリをインストールしてしまってもアプリ自体が危険なわけではないので、安全性という意味では問題はありません。

しかし、最初から不正アプリのインストールを目的としている場合は、その不正アプリをインストールしてしまったばかりに本当にウイルス感染してしまう恐れがあります。アフィリエイト目的よりも悪質と言えるパターンなので、やはりフェイクアラートの指示に従うことは危険です。

フィッシング詐欺への誘導
前項の不正アプリを通じたウイルス感染と同様に悪質と言えるのが、フィッシング詐欺への誘導です。フィッシング詐欺とはユーザーの個人情報を偽のページに入力させて窃取、その情報を使ってなりすましや金銭の盗み出しなどを行う犯罪行為で、万が一引っかかってしまうと実害に発展する危険があります。

偽のウイルス警告で不安になってしまったユーザーをフィッシングサイトに誘導し、そこに個人情報の入力欄があったら入力してしまうユーザーがいたとしても不思議ではありません。

フィッシング詐欺ってどういうもの?と関心を持たれた方は、「フィッシング詐欺とは? | 被害・実例・対策」も併せてお読みください。

そもそも、なぜ偽のウイルス警告が表示されたのか
Googleを騙るウイルス警告を仕掛ける側の目的や意図は解説してきた通りですが、それでは逆になぜそのような画面が表示されてしまったのでしょうか。

これは一概には言えませんが、アダルト関連や裏情報が掲載されたサイトなど、一般的に怪しげなサイトと見なされるようなサイトにアクセスしようとすると表示されるパターンが最も多く見られます。

興味本位で怪しげなサイトを閲覧しようとしたらウイルス警告が表示されてビックリした・・・というパターンに心当たりはある方もいらっしゃるでしょう。

「Googleのウイルス警告」からの被害に今後も遭わないための対策

指示にさえ従わなければ危険はないというものの、「Googleのウイルス警告」が表示されるのは気持ちの良いものではありません。今後この被害に遭わないようにするための対策を4つのポイントにまとめました。

興味本位で怪しげなサイトにアクセスしない
前章でも述べましたが、「Googleのウイルス警告」が表示されるのは怪しげなサイトにアクセスしようとした時が大半です。興味本位でついつい閲覧したくなるようなリンクに遭遇することもありますが、そこには何か罠が仕掛けられているのではないかと疑ってかかるべきです。

メールやSNS経由で届いたリンクに安易にアクセスしない
日々何通も届く迷惑メールに加えて、最近ではSNS経由でもよく分からない差出人からメッセージが届くこともあります。

こうしたメッセージの中にリンクがあるというのは、やはり怪しいと見るべきでしょう。広告目的で送信してきているのは間違いないので、そのためにフェイクアラートを使ってくる可能性があります。

デバイスではなく人を狙った手口なので落ち着いて対処する
ウイルスなどマルウェアは、使用しているデバイスを狙ったものです。それに対してフェイクアラートは、人間を狙ったものです。Googleのロゴを勝手に使っているのも、その警告内容に信憑性を持たせるためです。

日常的にGoogleのサービスを利用している方や、Android端末を利用している方であればGoogleとの関わりは深く、そのGoogleからウイルス警告が出ているのは大変だ・・・となってしまうわけです。

あくまでも人間が不安になってしまう心理を悪用した手口なので、警告音やカウントダウンなどの「演出」を伴っていたとしても、慌てず冷静に対処してください。

.セキュリティアプリを導入する
フェイクアラートに限らず、セキュリティアプリを導入しておくことは自分を守る基本です。主要なセキュリティソフト(アプリ)には体験版があるので、もしかして本当にウイルスに感染しているかもしれないと不安をお感じの場合は体験版で駆除を試みてください。

その後もセキュリティソフトアプリを導入しておくと、本物のウイルスなどさまざまなリスクからデバイスや自分自身を守ってくれるので、導入をしておいて脅威を水際で防げるようにしておくことを強くおすすめします。

まとめ
突然表示された「Googleからのウイルス警告」に驚かれた方も多いと思いますが、その中身が単なる偽物で広告収入目的であることが分かれば、適切に対処すれば大丈夫と安心していただけたのではないでしょうか。

もちろんGoogleの許可を取っているはずもなく、そこまでしてユーザーを騙そうとする輩がたくさんいるということを認識して、しっかりとお使いのデバイスとご自身を守る意識を持つようにしましょう。

スタバなど無料Wi-Fiで注意したいリスクとその解決法

スタバ(スターバックスコーヒー)など、最近では店内に無料Wi-Fiサービスを設けているカフェが多くなっています。このWi-Fiサービスを使えばスマホのデータ通信料節約になりますし、ノマドワークなどノートパソコンで仕事をする人にとっても快適です。

特にスタバではWi-Fiだけでなく電源コンセントを利用できる席を設けていることもあり、ノートパソコンを広げている人の姿も珍しくありません。

とても便利なサービスなだけに利用者からも人気ですが、セキュリティなどに関する不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
そこでこの記事では、スタバなどの無料Wi-Fiサービスを安全かつ快適に利用するために必要な知識を、セキュリティ面を中心に解説します。

スタバWi-Fiを安全に利用する方法

暗号化されていないWi-Fiであっても、VPNというサービスを使うことによって暗号化をして、通信内容の覗き見を防ぐ方法があります。VPNとはVirtual Private Networkの略で、日本語では仮想専用線と訳されています。

暗号化をすることで擬似的な専用線を作り、そこでデータをやり取りすることでその内容が守られるという仕組みです。VPNについての詳しい解説や具体的な利用方法については、以下の記事をぜひご参照ください。

セキュリティソフト(アプリ)を導入、最新の状態に保つ
暗号化されていないWi-Fiでの通信に限らず、あらゆるリスクへの対策という意味においてセキュリティソフトを導入して常に最新の状態に保っておくことは有効です。どの製品も期限内は有料版と同様の機能が無料で使用できます。

最近ではパソコンだけでなくスマホを狙った脅威も顕在化してきているので、スマホユーザーの方も他人事と思うことなく対策をしておきましょう。これらの実績のあるセキュリティソフト企業がリリースしているセキュリティアプリであれば、実際に存在する数多くのマルウェアを検知してくれます。

ファイル共有設定を無効にしておく

LAN内のデバイス間でファイルのやり取りをする際に共有機能を使うと便利ですが、暗号化されていない公衆Wi-Fiに接続している場合は、同じLANの中に他人も接続されている状態になるため、ファイル共有の設定を無効にしておくことをおすすめします。

スタバのWi-Fiはこの設定が有効になっていても共有ファイルにアクセスできないように設定されていますが、特にスタバ以外のWi-Fiに接続する可能性がある場合は無効にして用心するに越したことはありません。

トイレなど離席時の覗き見を防ぐ

先ほど直接的な覗き見のリスクについて述べましたが、このリスクを解消するためにトイレなど離籍席をする際に画面を閉じておきましょう。もちろん画面を閉じてから再開する際にはパスワードの入力を求める設定にしておくことも必須です。

スマホの場合は離席する時も持って席を立つことを強くおすすめします。スマホの場合はロック画面を設定していたとしても端末そのものの盗難リスクがあるため、常に身につけておくのが無難です。

スマホにスクリーンロックが必要な理由とOS別の設定方法

スマホでスクリーンロックをかける方法
Android、iOSそれぞれに共通してスクリーンロックをかけるには、電源ボタンを押して画面をオフにするだけです。再度電源ボタンを押して操作をしようとすると、スクリーンロック画面から始まります。

OS別スクリーンロックの設定方法 パソコン編
スマホに続いて、パソコンのスクリーンロック設定方法を解説します。ノートパソコンなど持ち歩くことが多いデバイスをお使いの場合は、特にスクリーンロックを設定しておくことをおすすめします。

Windowsでスクリーンロックを設定する方法
Windows10でスクリーンロックを設定するには、スタートメニューの「設定(歯車アイコン)」→「アカウント」→(左メニューの)「サインインオプション」の順にクリックして進みます。
「サインインを求める」という欄が一番上にあるので、そこをクリックして「PCのスリープを解除する時間」に切り替えます。
スクリーンロック解除の方法は、同じ画面でパスワード、PIN、ピクチャパスワードから選ぶことができます。パソコンの場合はフルキーボードがあるので、番号だけのPINではなくパスワードを設定しておくのが最も手軽で確実でしょう。

Windowsでスクリーンロックをかける方法
Windowsでスクリーンロックをかける最も簡単な方法は、「Windowsキー+L」の操作です。Windowsキーとはキーボード左下部にある四角が4つ描かれたWindowsロゴのボタンです。これを押しながらLキーを押すと、即座にスクリーンロックがかかります。
ノートパソコンでは画面を閉じたらスクリーンロックがかかるように初期設定されている場合が多いので、その場合は画面を閉じて再び開いた時にスクリーンロック状態になります。

macOSでスクリーンロックを設定する方法
macOSにはスクリーンロックという名前の機能はないのですが、パソコンがスリープの状態から回復する際にパスワードを要求するように設定することで、スクリーンロックと同様の効果を得ることができます。
そのための手順は、「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」の順にクリックして進み、「スリープ解除/スクリーンセーバ解除にパスワードを要求」にチェックを入れてパスワードを設定するだけです。
以後、パソコンがスリープから回復する時にはパスワードの入力が必須になります。
macOSでスクリーンロックをかける方法
macOSでスクリーンロックをかける最も簡単な方法は、「Ctrl+Shift+電源ボタン」の同時押しです。この3つのボタンを同時押しすることで、即座にスクリーンロック状態に切り替えることができます。

MacBookの場合は画面を一旦閉じるとスクリーンロック状態になります。再び画面を開いて操作する時にはパスワードが要求されます。

スクリーンロックの正しい使い方
スクリーンロックによって第三者が自分のデバイスを勝手に操作するリスクを軽減することができるわけですが、そのセキュリティ効果を維持するために留意しておきたいポイントを4つ解説します。

パスワードやパターンを他人に知られないようにする
スクリーンロックに限ったことではありませんが、ロック解除のためのパスワードやパターンは自分だけが知っているからこそ安全性が保たれます。他人に知られてしまっては意味がないので、くれぐれも他人に知られないように、また他人に知られる可能性のある保管のし方はしないようにしてください。

もし、誰かにそれを知られた可能性があるならば即座に変更することを強く推奨します。

他人に推測されやすいパスワードやパターンを使わない
一般的なパスワード管理でよく言われていることですが、他人から簡単に推測されるような単純なパスワードや、自分の名前、生年月日などを使うことは好ましくありません。ロックパターンについても単純な図形だと何度か試しただけで破られてしまう可能性があるので、自分しか分からないような複雑なパターンにしておくことが有効です。

また他のサービスや銀行のキャッシュカードの暗証番号などと同じパスワードや数字を使い回すことも非常に危険です。

ちょっと目を離す時でもスクリーンロックを習慣づける
デバイスの前から席を立つ時や、目を離す時、自分の代わりにそのデバイスを守ってくれる最大の味方はスクリーンロックです。ちょっと目を離すだけという時であってもそのスクリーンロックをかけておかないとその味方も力を発揮できません。

カフェで仕事をしている人がトイレで席を立つ際にパソコンの画面を開いたままにしている光景を目にすることがありますが、たとえトイレに行っている間だけであっても画面を閉じてスクリーンロックを有効にしておくのが無難でしょう。

パスワードは可能な限り複雑なものにする
スクリーンロックのパスワードで一番簡単なものは4桁の数字が一般的ですが、可能な限り英数字を組み合わせた複雑なものを使いましょう。

当然ながら4桁の数字よりも英数字を含んだパスワードの方が安全であることがその理由です。

生体認証のデバイスが増え、指紋や顔の認証でスクリーンロックの解除も簡単になり、毎回のロック解除にパスワードを入力する機会は減ったので少々複雑なパスワードであっても生体認証が無い時と比べると手間は格段に減ったはずです。

万が一、パスワードを入力するところを人に見られても4桁の数字よりも覚えられる可能性は低いと言えます。

スクリーンロックだけに言える事ではありませんが、パスワードは推測されにくい複雑なものであるに越したことはありません。

まとめ
パソコンやスマホを何者かに勝手に操作されてしまうことの恐ろしさは記事の冒頭で解説した通りですが、これらのリスクは多くの方がすでに認識されていることだと思います

特にスマホはコンパクトで持ち歩きやすい上に個人情報やプライバシーの宝庫とも言われており、紛失や盗難が現実になった時のリスクはとても高くなってしまいます。万が一紛失や盗難が現実になった時であっても、中にある情報を守るためにスクリーンロックを習慣づけておきましょう。

情報漏洩を防ぐBitLockerの設定方法と、回復キーの管理について

モバイルデバイスの発達により、仕事などでノートパソコンを持ち歩く人や、打合せなどに持参する人など、持ち運べるというノートパソコンの特性を活かした使い方が一般的になっています。

さらに最近はノマドワーカーやオフィス自体を持たない会社など、特定のオフィスを必要としない働き方が増えてきており、ノートパソコンをあらゆる場所に持ち出して仕事ができるようになってきています。

しかし、ノートパソコンを持ち出す機会が増えたことに比例して、機密情報を含む情報のかたまりであるノートパソコンを介した情報漏洩のリスクも高まっています。

そこで今回は、情報漏洩を防ぐ有効な手段であるBitLockerの紹介と、その設定方法を解説します

BitLockerによるデータの管理手順
BitLockerによるデータの暗号化と、暗号化解除の手順を解説します。
BitLockerの設定手順
BitLockerを設定して、ドライブのデータを暗号化する手順を解説します。
手順①
USBやパソコンに内蔵されている固定データドライブなど、暗号化したいドライブを右クリックし、「BitLockerを有効にする」を選択します。
手順②
「このドライブのロック解除方法を選択する」という画面が表示されます。
「パスワードを使用してドライブのロックを解除する」を選択し、任意のパスワードを設定します。パスワードが短すぎると、不正アクセスをされた際に解析されやすいリスクがあるので、できる限り長めに設定することを推奨します。
スマートカードを使用する場合は、「スマートカードを使用してドライブのロックを解除する」を選択します。
手順③
「回復キーのバックアップ方法を指定してください。」という画面が表示されるので、任意でバックアップ方法を指定します。
パスワードを忘れてしまった時や、スマートカードを紛失したとしても、回復キーがあればドライブのアクセス権を回復することができるので、複数のバックアップをとることを推奨します。詳細なバックアップ方法は後述します。
手順④
「ドライブを暗号化する範囲の選択」画面が表示されたら、任意で暗号化の範囲を選択します。
「使用済みの領域のみ暗号化する」を選択した場合は、現在のドライブにおいて既存データがある領域のみが暗号化されるため、暗号化の時間が短縮されますが、未使用部分の領域を第三者に読み取られるリスクがあります。
従って、より安全性の高いセキュリティ対策をするのであれば、「ドライブ全体を暗号化する」を選ぶ方が無難です。
手順⑤
「使用する暗号化モードを選ぶ」画面において、暗号化モードを選択します。
「新しい暗号化モード」は新しい暗号化技術を用いるため安全性は高まりますが、Windows 10以外のOSとの互換性がありません。
そのため、暗号化したドライブをWindows 7など他のバージョンの環境でも使用する可能性がある場合は、「互換モード」を選択するようにしましょう。
手順⑥
「暗号化の開始」を実行すると、選択したデータドライブの暗号化が開始されます。
暗号化が終了すると、対象のドライブのアイコンに鍵アイコンが表示されます。

iPhoneを売りに出す前に!端末の初期化/バックアップと復元の全手順

機種変更やiPhoneの下取り、端末の不具合などでiPhoneを初期化しようとお考えですか?iPhoneを初期化すると大切な写真などのデータも失われてしまうので、ちゃんとバックアップした上で初期化をするための正しい方法を知りたいとお感じではありませんか?

iPhoneの中は個人情報の「宝庫」なので、特にiPhone端末を売りに出したり譲渡する際にはしっかりと初期化をしておきたいところですが、その一方で大切なデータを失うことなく次の端末にも引き継ぎたいものです。

初期化に備えてiPhoneをバックアップする方法

iPhoneのバックアップを行う方法は、2つあります。Apple社のクラウドサービスであるiCloudを利用する方法と、パソコンと接続しiTunesを利用してバックアップを行う方法、それぞれのバックアップと復元の方法を解説します。

iCloudを利用する方法

iPhoneを利用しているユーザーは、iCloudというクラウドサービスを利用することができます。5GBまで無料で利用できて(有料であれば最大で2TBまで利用可能)、そこにiPhoneのファイルをバックアップすることができます。クラウドサービスなのでネットワークにつながれば「いつでも、どこでも」バックアップをできることが大きなメリットで、万が一iPhone本体を紛失したとしてもiCloudから大切なファイルを復元することができます。

このiCloudを使えば、iPhoneの初期化に伴って消去されるファイルのバックアップと復元が可能です。しかも、クラウドサービスなので特に何かバックアップのためのデバイスやケーブルを用意する必要がなく、Wi-Fi環境があれば今すぐ利用可能です。

iCloudによるバックアップの手順

iCloudを利用するにはWi-Fi接続の環境が必要なので、最初にご自宅やオフィスなどのWi-Fiに接続します。理由はバックアップに伴って大量のデータを通信するため、4G回線などを利用すると高額の通信料金が発生したり通信制限を受けてしまう可能性があるからです。

Wi-Fiに接続した状態で、「設定」→「iCloud」→ご自身のユーザー名→「iCloud」の順にタップしていきます。

次の画面を下にスクロールすると出てくる「バックアップ」をオンにします。すでにオンになっている場合は、そのままでOKです。このスイッチがオンになっていると、以後iPhoneのデータが自動的にiCloudへバックアップされるのでとても便利です。

ちなみにAppleには「iCloud Drive」というサービスもありますが、こちらはiOS端末とパソコン間でファイル共有するためのアプリで、iPhoneのデータをバックアップするものではないのでご注意ください。

初期化に備えて現段階の最新データをバックアップするには、この画面の「今すぐバックアップを作成」をタップします。

Cloudによる復元の手順
初期化された、または新たなiPhoneを起動すると「こんにちは」と表示された画面から始まります。バックアップデータを復元するには大量のデータ通信が発生するので、設定画面ではWi-Fiネットワークを選択して、予めWi-Fiに接続しておきます。

iOS設定アシスタントが「iPhoneを設定」の画面になったら、ここで「iCloudバックアップから復元」をタップします。iCloudへのサインインに必要なIDとパスワードを入力して、次の画面でバックアップデータを選択します。

【重要】パスワード管理は厳重に!
ここで注意したいのはiCloudのパスワード管理です。せっかくバックアップをしておいたのに、iCloudのパスワードを忘れてしまうと復元することができません。本体内に保存しておいたとしてもiPhoneを初期化するとそのメモごとなくなってしまうので、本体とは別にメモをしておくなどの管理をおすすめします。

表示されているバックアップデータのうち、最も新しいものをタップするとiCloudバックアップデータからの復元が始まります。「アップデートが完了しました」と表示されたら、復元完了です

【iPhone】バッテリー劣化を防止する3つの対策とは?

バッテリー劣化を防止する3つの対策

ここまでiPhoneのバッテリー交換について見てきましたが、最後にバッテリー寿命を長持ちさせるポイントについて、いくつか挙げておきます。

(1)適正温度(※Appleによると16~22°C)を超えた状態で充電しない
(2)充電中はスマホケースをはずすこと
(3)新しい節電技術を利用するため、最新のソフトウェアにアップデート

基本的には上記3つを守ることで、バッテリーの劣化を抑制する効果に期待できます。また、もしiPhoneを長期間使わずに保管する場合は、50%充電した状態で電源を切っておくと、バッテリーの劣化を防ぐのにいいそうです。

なお、iPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーには、「充電サイクル」というものがあります。たとえば1日で75%のバッテリーを消費してからフル充電、翌日に25%を消費したとします。この時点で100%の電力を使ったことになり、1回の充電サイクルが完了します。

充電サイクルをこなすような充電を繰り返していくと、どのようなバッテリーでも容量は減るのですが、リチウムイオンバッテリーは充電サイクル完了ごとに減る容量が少ない設計となっています。

また、充電する前には電池を使い切った方がいいという話をよく耳にするかもしれませんが、実は充電の前に完全に使い切る必要はありません。iPhoneの設定を最適化したり低電力モードを使ったりしながら利用することが、最終的にはバッテリーを長持ちさせることになるようです。

スマートフォンの充電用品の選び方

スマートフォンの周辺機器も色々あって、どれを選んだらいいのか分からない!というわけで、「電池屋」まとめた充電用品の紹介をしたいと思います。

充電用品の紹介

1:ACチャージャータイプ
一体型とUSBケーブルを差し込むタイプがあります。
一体型の方がケーブルの根元の強度が高いですが、長さと充電先の端子が変えられないという取り扱いにくさがあります。USB差し込み型は根元が抜けやすい等がありますが、ケーブルを変えれば長さも端子も変えられます。
スマートフォンの充電
スマートフォンの充電
2:ポータブルバッテリー
持ち運びが出来るバッテリーです。これがあればどこでも充電が出来ますが、事前に充電しておかないといけません。そしてコンセントから取るタイプに比べて大きいです。

3:充電ケーブル
そのまま差し込んで使うケーブルと、リール式のケーブルがあります。

やはりスマートフォンはすぐに充電が無くなるので、持ち運び+家でもどこでも充電出来る用意をしておくのが一番かと思います。

14.8V 60WH P650BAT-4 互換用バッテリー 対応 Clevo P650SA P650SE P650SG【新品予報】

安いノートPCバッテリーP650BAT-4 14.8V 60WH,100%のブランドのClevo P650BAT-4 新しいノートパソコンの充電池.今特別提供の割引、新発売、高容量、高品質Clevo P650SA P650SE P650SGノートパソコン電池、1年保証 !充電器、迅速な出荷のための即時の支払い.

高質な安価のClevo P650BAT-4 14.8V 60WH ノートPCバッテリー を探しているの?こちらは低価格、高品質な商品をお客様にご提供しております。

14.8V 60WH P650BAT-4 互換用バッテリー 対応 Clevo P650SA P650SE P650SG

P650BAT-4 1
Clevo P650BAT-4 バッテリーイプ:容量:60WH;電圧:14.8V;充電池種類:リチウムイオン (Li-ion);状態:ブランドの新しい、100%互換性があります,このバッテリーは、電気安全法(PSE法)に適合し経済産業省の許可を得てPSEマークを修 得しています。

互換性のある部品番号:
P650BAT-4
6-87-P650S-4252

対応機種:
Clevo P650SA
Clevo P650SE
Clevo P650SG
Sager NP8650
Sager NP8651
Sager NP8652
Hasee Z7m

【低価格、高品質】CLEVO PCバッテリー、ACアダプタ、真新しい!すべての商品が新品、互換品、新品です。100%にオリジナル部品を互換できることを保証致します。

セキュリティ・個人情報保護も万全!弊社と取引は安全し信頼できます。当社サイトをどうぞご自由にご覧ください。問題あれば、私たちに連絡してください。私たちはすぐそれらの問題を返事する。ご心配なく、安心選びください!

Save

Save

14.4V 5225MAH/75.24Wh BTY-L78 互換用バッテリー 対応 MSI GS70 GT80 series【新品予報】

安いノートPCバッテリー BTY-L78 14.4V 5225MAH/75.24Wh,100%のブランドのMSI BTY-L78 新しいノートパソコンの充電池.今特別提供の割引、新発売、高容量、高品質MSI GS70 GT80 seriesノートパソコン電池、1年保証 !充電器、迅速な出荷のための即時の支払い.

高質な安価のMSI BTY-L78 14.4V 5225MAH/75.24Wh ノートPCバッテリー を探しているの?こちらは低価格、高品質な商品をお客様にご提供しております。

14.4V 5225MAH/75.24Wh BTY-L78 互換用バッテリー 対応 MSI GS70 GT80 series

14.4V 5225MAH/75.24Wh BTY-L78 互換用バッテリー

MSI BTY-L78 バッテリーイプ:容量:5225MAH/75.24Wh;電圧:14.4V;充電池種類:リチウムイオン (Li-ion);状態:ブランドの新しい、100%互換性があります,このバッテリーは、電気安全法(PSE法)に適合し経済産業省の許可を得てPSEマークを修 得しています。

互換性のある部品番号:
BTY-L78

対応機種:
MSI GS70 series
MSI GT80 series

【低価格、高品質】MSI PCバッテリー、ACアダプタ、真新しい!すべての商品が新品、互換品、新品です。100%にオリジナル部品を互換できることを保証致します。

セキュリティ・個人情報保護も万全!弊社と取引は安全し信頼できます。当社サイトをどうぞご自由にご覧ください。問題あれば、私たちに連絡してください。私たちはすぐそれらの問題を返事する。ご心配なく、安心選びください!

Save